Thunder Info ~さんだーいんふぉめーしょん~

アラサーになったSEの、吐き出し口。でも、みんなだってホンネはそうだよね。

非を認めず、真っすぐに謝れない人の心理について(西村大臣発言の件で思ったこと)

久しぶりの投稿ですー、雑記です。

西村大臣の発言

経済再生担当相の発言とその後の対応が話題だ。端的に言うと「緊急事態宣言下で、酒類の提供停止に応じない飲食店には 金融機関から圧力をかける」という旨の発言をし、炎上した。その後の謝罪の弁はTwitterにて

とのことだ。「趣旨を十分に伝えられず」ということは「認識は間違っていなかった」と言うことだ。 どこからどう聞いても、誤った認識による発言だったように思うが。

真っすぐに謝れない人たち

政治家や官僚、大企業の役員幹部など、謝罪シーンで真正面から謝罪できる人は少ない。「女性は話が長い」と発言した方の謝罪シーンも記憶に新しい。 こういった謝罪では、ほとんどの場合、「私の発言が誤解を招き」や「意図が伝わらなかった」などと、なぜか聞き手に落ち度があったかのように説明し、 形だけの謝罪をする。なぜ「私が間違っていた」と言えないのだろう。

誤りを認めることは、人生の終わり?

今の日本社会では一度自分の非を認めると、どこまでも追及され、二度と這い上がることは許されないのだろう。 学びなおす、やり直すチャンスを与えてもらえないのだ。1度ミスを犯した社員は出世の道が閉ざされる等の話はよく聞く。 そのような風潮の中で、正直に非を認め謝る人はいるだろうか。

しかし、もし誤っていたのならば、それを正直に認めてもらえないと、建設的な議論などできるはずがない。 つまり「何が間違っていて、どう直せばいいのか」が有耶無耶なままでは、社会や個人は改善や成長のチャンスを奪われてしまうのだ。

このような風潮でよいのだろうか

人や必ず間違え、失敗を犯す。そんな時に、もし仮に、正直に非を認め、反省し、すぐに改善できたならば、 その人は称賛され、称えられても良いと思う。チャンスをまた与えて良い。そんな社会はいつかやってくるだろうか。 それとも、これからも永遠に、不祥事のたびに胸糞の悪い謝罪会見を見せられ続けるのだろうか。

Web会議が当たり前の時代、PCはテキパキ操作しようね

前回ブックマークレットの記事を書いて以来、 数名の方がこのブログに足を運んでくださるようになりました(これまではほぼ0でした)。 ありがとうございます。実は私、現在は営業職なので、それほど技術には触れていないのですが、 これからも技術系の話やその他業務の与太話を書いていこうと思います。 よろしくお願いします。

本題

さて、今回は私の普段の仕事でも当たり前になってきたリモートワーク、 そのなかでも「Web会議」から見えてきたPC操作スキルの重要性についてお話します。 typing

続きを読む

ブックマークレットとは

最近あんまり聞かなくなりましたが
昔から「ブックマークレット」というツールをよく使っていました。
使っていた当時、どういう仕組みなのかはよくわかっていなかったのですが、
当時の認識は、

"ブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録しておいて、必要な時にそのブックマークを実行すると 便利な機能が呼び出せる"

というものでした。
あれからはや十数年、IT関係の仕事に就き一時期はWeb開発にも携わっていたことで、 当時謎だったブックマークレットが何だったのかが理解できました。 今日は、当時の自分に向けてここに「ブックマークレットとは何か」を書いておきます。 ※JavaScriptやHTMLを理解している人向けの説明になると思います。

続きを読む

トイレのマークで恥かいて、良い気づきを得た話

皆さん、こんにちは。 だいぶ放置していましたが、久しぶりに書きたいことがあったので書きます。


町中や公共施設のトイレは、大体の場合このピクトグラムで指示されていると思います。
駅構内とかデパートとか学校とか、普段からよく目にしますよね。
今日はこのピクトグラムに関する気付きのお話です。

女子トイレに飛び込んじゃった

先日、品川駅(確か北改札内)でトイレを探していて、
僕もこのマークを見つけて飛び込んだんです。
その時、なぜか女子トイレに飛び込もうとしちゃったんですよね。
半歩くらい入って「えっ!?やべっ!」と気づき急いで脱出したんですが・・・。


はて。自分はなぜ女子トイレに飛び込んだんだろう。

続きを読む

オンライン飲み会がやりたいの?それともZOOMが使いたいの?!

オンラインでも飲み会やってますか?

コロナウィルスの自粛生活にも慣れてきて、
オンライン飲み会をやる機会も増えてきたのではないでしょうか。
私自身も何度かやりましたし、周囲でもよく聞きます、「オンライン飲み会」。
皆さん、どんなツールで飲み会してますか?

続きを読む

自分のアイデンティティを守ってくれた先生の話

小学校4年生の時、 どんな話の流れだったかは忘れてしまったが、ふと周囲のクラスメイトに 「自分はまだ50音表を完璧には覚えきれていない」という告白?をしてしまったことがあった。

ひらがなが書けなかったわけではない。 宿題になっていた漢字練習帳や日記帳はさぼりながらも、ほぼ毎日書いていたし、 国語のテストの点数も極端に悪かったことはなかった。

当時、自分自身も、自分が何を言いたいのかがうまく理解できていなかった。 でも感覚的に、あの表についてそれほど自信を持っていなかったことだけは確かだった。

続きを読む

飲み物を差し入れるときの仮説思考

一緒に仕事をしているあの人に飲み物を差し入れしたい と言う場面はよくあると思います。 こういう時に相手にだけ買っていくと なんとも恩着せがましい感じになってしまいます(あなたのためだけに買ってきました!!みたいな) ので、自分の分も買いますよね。

それでは、この二本、何を買っていけばいいのか。よくよく考えてみると、いろんなパターンがあり、面白かったので ちょっと書いてみます。

続きを読む